年に日の肺真菌症晒の日の暗い7大のよくある晒の落とし穴は注意しなければならない

夏になれば、たくさんMMがからみ合って、どうして年々日焼け止めは日焼けし?は商品の問題はやはり自分自身の問題か选どんな晒品がいい?晒品の需要クレンジング?SPFは高いほどいい?日焼け止めクレンジングする必要がありますか?もしいくつか日焼け止め落とし穴もわからない、寄り合い事は多分に付け、どの日焼け?新しい輪日焼け止め季節に間もなく到来して、より先に来雲をかき分け、認識あれらの迷いあなたのどのように日よけの問題でしょう.

p1、よくある日焼け止め落とし穴<P>は1、日焼け止め指数は高ければ高いほどいいです

日の日焼け止め製品の日焼け止め指数は高くならないほど良くなる.日焼け止め指数高が毛穴に滯り、発汗が遅れ、肌への負担が重すぎる.肌に塗って気分が悪く、毎日使っていないようにします.最良のやり方は、異なった環境で、異なったの必要に応じて、異なった日焼け止め指数用品を選択します.

2、2、日焼け止めクリームを見るのは生地、日焼け止め指数だけでいいです

選択の日焼け止め製品には、肺真菌症、日焼け止め指数のほか、生地の選択も注重しなければならない、特に春夏日必ず選択さわやかな薄い透の生地を起こさないように、皮膚の過度の油を出して、秋冬は選択が比較的にうるおいロック水の生地で、増加皮膚のロック水.これでは、日焼け止めをしても、季節の変化による肌悩みも適度に緩和されます.

3:日焼け止めクリームを塗って、いくつか塗って

Pは日焼け止めをした時、多くの人は簡易直接顔に直接顔を塗って、結果補が恐ろしい脂肪粒を出して
精力剤.暑い夏、汗が混じって旺盛な皮脂を加えて、大家に製品自体の油分が渋滯してないのも当然だ、毛穴.日焼け止めクリームは確かに、化粧直しと同様に、まず、油紙として顔面の油脂をクリアし、再塗りします.広い面積の体に対しても、濡れたタオルで汗をかいて、油脂の後再塗りします.

コメントを残す