春の肺真菌症戸外運動の登山須の事項

みんなは山登りが好きで、登山は心身の健康の運動に有益で、体を鍛えて、しかも情操を陶冶することができます.しかし、登山は酸素の大きい運動量にもならず、事故が起こると意外と事故が発生する可能性が高い.だから、登山に参加するには、以下の8項の注意:注意:<

P1、人によっては人それぞれに注意して

山に登っては良いフィットネス活動だが、人が適当ではない.登山の前に体を検査して、心臓病を患っているなら、山に登ってはいけないほうがよい.山登りは体力の消耗が大きく、心臓の負荷を強め、誘発疝痛、心筋梗塞.また癲癇、眩暈症、高血圧,肺気腫の患者には、登山.関節症や膝の足首関節やすくなりやすい人は、登山(這い搂右)にもなりません.

p2,肺真菌症、注意して太陽が出てまた山に上山

に注意して

冬の朝のが遅くて、暗やみの中で外出して鍛えて出やすく危険.冬の朝は一日の中で気温が最低の時、室内外の温度差が大きいと、ぱっと寒冷刺激を受けると、血管けいれんを起こしやすい、誘発狭心症やまっすぐに.この時、血液の粘る稠密度の高い血糖最低ので、朝食後再登山に行くがいい ダイエット.

3、たくさんの水を飲むことに注意して

山に登る前には、水を飲んでも水を飲んで、血液を薄めて、運動時の渇水を軽減することができます.登山時も水分を補給し、アイソトニックの運動飲料を含んで、疲労感を軽減し、早く体力回復に注意しています.少量で少量、毎回三大口、よく飲み、などの渇きを飲みすぎずに飲んでください.

p4、注意が進み、順

に注意して登山前には簡単なウォーミングアップ活動、登山の高度と時間は自分の体力や普段活動状況によって.もし疲れとか、慌てて、息苦しくて、発汗など、直ちに運動をして、その場でお休みして、くれぐれも無理して.

p5、脈拍制御強度

に注意して山p>で<の脈拍は終始自分の有酸素フィットネス図星率の内、170減年齢(超えないで180減年齢),いったん少し早くは止まって脈拍減速させて後に登って、立ついち、に分が短いから登る.10分~20分休憩して、すぐに腰をおろして、立ってしばらく立って休んで休憩します.休まないでください、服を着て、風邪を引かないように注意してください.

6、転倒防止

を防止に注意

高齢者の足が遠くて、山に登った時、最高の1本の杖を突いて、注意して体を傾ける.もっとを避けるのが積もったところ、防止や滑っ踝をくじく.

7、道に迷うな

には気をつけてください山p>を選ぶべき<あれらの人の多い路線を避け、断崖絶壁とイバラの道で、あれらの誰を歩くの山林ドリル.上山時間は早すぎる、下山時間はあまり遅く、条件は、通信ツールとして携帯電話、万一事故が発生し、外部と連絡することに便利です.

捻挫8、捻挫は局部マッサージ