長い時間の肺真菌症咳は体の他の部位の不快感を引き起こすことができます

咳は大病ではないが、長時間の咳は体の他の部位の不快感を引き起こします.咳は呼吸器内の分泌物あるいは異物の保護性呼吸.有利な面もありますが、激しい長期咳は気道出血.普通咳と咳、変異性喘息、誤診防止
シリアス通販購入.咳を治療するタイプは咳のタイプ、西洋医学、漢方薬はすべてできて、しかし食事療法は最優秀にして.下小編て紹介する特殊な民間の処方.

特に冬の体で弱い老人子供はもっと咳が出やすい.多くの老人は咳が十数日、咳が15秒以上、これは寒さで肺にも.熱い塩でヘソと2つの関脇を使用します.ヘソは肺,肺真菌症、へそは腎臓.熱の塩炒めてからその温かいの性に肺、腎臓二経、温养肾阳、合理化においついせき鼻ので、温肺咳止め.

P次紹介

紹介しますに塩倉敷療法で咳を治療する簡単な調合処方:

を粗製塩200グラム、炒めじゅうからじゅうご分で倒れて緻密な干タオルや天竺木綿では,急速にいい口ゆえ、塩が漏れないように.待温かい時は塩を包み、肝に往復アイロン、皮膚、続いてご分.また、塩を両側には関脇部、上下にアイロンをかけ、両側5分.3~4回繰り返す部位で、塩焼きになって涼しくなります.1日1回,普通は1~2回後に咳は止めて、深刻な者は連続7日間熱い塩を使用することができます.

1段の時間後咳症状が軽減することができなくて、早く病院まで相関検査を行うべきです.