あなたの肺真菌症膀胱は無力ですか。

社会構造の変化を、台灣へ進む高齢化時代、多くの年配の人の疾病窜起ホメオパシーは、糖尿病、認知、脳卒中、尿失禁など.多くの年配の男女が膀胱無力の現象は、もとは正常で、古い人々は、臓器の老化は自然で、まるで若い時できない、おしっこを自在にコントロール、二度と射尿を長期的として茶飲み話の保養.

尿失禁は、常に思わず小便の排出されてしまうため、尿失禁が原因で千奇があるが、一般に症状が太い分を迫る性尿失禁,肺真菌症、応力性尿失禁、真実や完全性尿失禁と溢れ性尿失禁など4種類.急迫性尿失禁患者がよくうで小水が寄せられる迫ないの尿が出てきて、年配の男性は、護腺だぶだぶによる、脳卒中、退化性関節炎、脊髄に圧迫され、膀胱の収縮を聞かない指揮やすいから生まれた性尿失禁.

応力性尿失禁、字面だけ分かって、患者に力を入れて、咳、噴鼻水、ジョギング、で重量物など、尿を流し、女性の比率が高く、女性から生産すぎや中年後女性ホルモン不足による尿道萎縮.多くの男性は、かばい腺手術後にもたらした、この病は括約筋機能失調による、深刻な手術で治療が必要とされている.

性尿失禁が満ちてよく子宮頸がんや直腸癌切除して広い範囲に後、膀胱神経にダメージを受け、膀胱満も尿意が溢れ、尿を気づかない;ある人、前立腺肥大、膀胱出口で渋滯の蛮利害、膀胱でようで気を失う尿失禁、発生の現象 シリアス.また、プロブレムとしては、真性尿失禁、括約筋被害による引き起こす、小便はすぐに発生していることがあります.

失禁の種類や症状を知ると、高齢者尿失禁に有効な治療と在宅ケアをしているということです.によって起因の尿失禁、泌尿器科医師は適切な薬のコントロールの外で、更に応教導患者や家族のいくつかの在宅保健や介護注意事項;像は日常生活の中で訓練病人時限排尿し、寝る前に、目が覚めた後、食前に尿意を問わず、トイレに行ってもいい.病人は教えたりして肛の運動を持ち、鍛錬会陰部は、骨盤底筋群の組織構造;患者必要なら装置カテーテルや自己導尿に、注意すべきの局部は清潔で、定期的に導尿や交換カテーテルなど、最も重要なのは、いつでも必要病状の変化を理解し、尿の色、尿量、尿をあけるの変化や感染の発生などがあるのか.

尿失禁病人の看護外在治療ではなく、心理の建設もかなり重要な課題、思いやりが病人、患者の理解の尿失禁は恐ろしい不治の病でもない,あるいは面倒だけ人の疾病,丹念に治療すれば、必ず控尿自在」

コメントを残す