中国人の肺真菌症生活が何度こらしめてもだめで「悪習」

六割の疾患や生活習慣に関するすべての悪い習慣が健康に埋めて下が隠れて、世界保健機関(WHO)は指摘して、すべての人の健康と寿命が60%,肺真菌症、15%自分次第次第、遺伝的要因にかかって、10%の社会的要因は,8%医療条件次第次第、7%気候要素.多くの研究も証明、健康な生活習慣は高血圧に順風率が下がることができることを証明して、脳卒中発病率は75 %減少して、糖尿病は発病率は50 %、癌は発病率が下がる1/3.逆に、健康な生活習慣は万病の源だということです.不健康な生活様式による疾病は,人類が死亡した張本人.データ表示、先進国、70~80の人が心臓病、脳卒中、ガン、これらいわゆる生活方式疾病とし、今では総死亡者の50 %以上が占めている.$ { FDPageBreak }食習慣:食事で半数の人が早く調査に参加した人の中で、習慣はテレビを見ながらと食事のスピードが速すぎの半数を超えた、それぞれ55.42%と54.49%.勉強や仕事をする時、集中力と強調し、実際、食事も気になることはないことだと強調している.」天津市栄養学会の理事長付金如本紙記者に教えて、食べ物を通じて、胃食道口腔に入った後に、全体の消化係統が動员し、消化液分泌が増え、全身の血液も重点配慮を胃腸.もし食事の時にテレビを見て、血液と脳へ分流」、両方を得ることができない、十分な血液の影響だけでなく、食物の消化、時間が長くなった脳も抗議が、めまい、めまい.食事の時、テレビを見て、1つの欠点があって、容易に太っやすいです.効率を高めるためには、仕事のリズムが速くなりがちですが、食事には適していません.付金如と、人体にとって、食物はエネルギーを提供する様々な微量元素を補充することも、消化係統は完全な生産ラインは、それぞれの一環坊主はお経こそ、質と量に任務を完成する.口腔は食べ物の咀嚼はこの生産ラインの第一歩、食事速度が速く、消化の唾液を助けるために食べ物に攪拌が量も減少、結果は腸の負担が大きくなります.食事が速く咸、辛い、熱い食べ物が好きな食べ物というのは、健康に健康を害していることに違いない.食塩摂取量は中国の高血圧患者に2億、長期にわたり、にぎにぎしい食品が食道がん、口腔癌の罹患リスクを増加するリスクを増加させます.しかし調査では、この習慣は32.25%占めました.また、調査では、1日3度は時間にしない、いつも朝食を食べない、外食や仕出という人も20 %近くに近い.この不良食習慣と同様に無視されてはならない.付金如みんなを提案し、食事の食事の時間は少なくともはじゅうご分以上、豊富ないくつかの朝食.昼食と夕食は、なるべく友達や家族と一緒に食事をし、緊張を緩和、食事の早い習慣を変えることができる.口飯の咀嚼速度は鈍化て、尤.

コメントを残す