肝虚は何食べるの肺真菌症かと肝虚の食生活は原則

肝臓はびくびくして何の食品を食べることがいて、肝虚は小さい癖がなくて、すぐに保養する、体は問題が出やすいです.では、肝虚な食の原則を紹介します.では肝虚はどんな食べ物を食べますか?にんにく:ユリ科植物、性ショーン、温、味が辛いです.ビタミンA、ビタミンB 1、ビタミンCなどを含んで、抗菌、抗ウイルス,血管などの作用があります.空心菜の別名:ヨウサイ、性、甘、平が含まれ、蛋白質、脂肪、無機塩、ナイアシン、カロチンなどを持って、解毒して、熱を下げて凉血などの作用.キャベツはキャベツ、キャベツ、キャベツ、性は引き分けして、味の甘、ビタミンC、ビタミンB 1、B 2、カロチン、ビタミンEを含んで、生は胃十二指腸潰瘍や痛みや有効.キクラゲ:黒と白の分、性平味甘、脂肪、たんぱく質、多糖.しかし益の胃の血を持って、滋養作用.海藻:性寒し、味塩、大量のヨード、藻酸、ビタミン、蛋白と脂肪などを含む.痰を散結び目の効果を持って.血小板凝集と脂質酸化と抗潰瘍を抑制することができます.百合:性は引き分けして、味の甘、タンパク質、脂肪、脱甲コルヒチン.益の息を持って肺咳を止める作用を補う中に、益し、柔らかい堅を鎮め.コルヒチン抗肝線維症と肝硬変作用の常に食べる百合、しかし予防と治療の肝硬変.にんじん:性生温い,味は甘、辛、ビタミンA原(にんじん)、揮発油、ビタミンA(にんじん)、蒸散油.本品は栄養に富む、健やかな胃の消化を助けることができる、生熟食を高めるに肝臓疾患患者ビタミンAレベル、間接的にがん予防の発生には良い作用.肝虚はどう調理?いち、心穏やかに肝臓の漢方医は肝主疏泄、気持ちの良し悪しが直接影響を疏泄肝臓の機能、肝臓疏泄すぎないのも、機体の影響.怒った傷肝、肝臓のない人にはくれぐれも怒って怒って,肺真菌症、かんしゃくにつながる逆、かんしゃくに炎などの現象によって、人体がのぼせて、顔を赤くする、ヒット、出血などの現象.养肝と肝臓なら、きっと心の平和を維持し、この保証できる体の状態の安定に利益があって、やっと肝臓の保健.に、常に血の海と足三里2穴穴に血の海を果たすことができて行の血に肝帰肝の作用を果たすことができて、押し足三里デバッグ肝臓の功、元気をつける益の血の機能.マッサージは、この2個のツボを灸、甚だしきに至ってはもっと直接マッサージ効果.毎晩寝る前に一度、毎回10分ぐらい.3、調整と休憩の肝臓も休憩が必要.夜11時前に寝る、むしろ早起きも遅くない.また、遠くも提案クラス一族で、ふだん多く食べて気持ちいい养肝食品、例えばニラ、仏手、パパイヤ、貝類、きくらげ.

コメントを残す