アメリカ狂犬病判例:器官の肺真菌症ドナーと受贈者はすべて発病して死ぬ

近日台東東河が流れ染め狂犬病鼬獾ダウンズ、直後にもお金が染め狂犬病マウスダウンズ、ゆがんだ釜にゆがんだ甑、アメリカも狂犬病に関する情報.今年2月、メリーランド州アメリカ驚かしで狂犬病死のケースとして、1976年からメリーランド州で初めて、狂犬病で死んで、かなり注意を引き起こしている.

調査によると、死者は狂犬病ウイルスに感染し、腎臓移植.

器官ドナーは若い空軍機械士、やっと入隊してまもなく、彼は普段の趣味は野外の狩猟、発症前まだフロリダ州漁の旅を、彼は病気を出す時、めまい、嘔吐、熱は、狂犬病の症状が多く他よりも許よくある病気の症状から,データを食べた壊れた魚で食中毒、死後、器官の寄付よんしよ受贈者のうち、いち粒持って狂犬病ウイルス腎臓、じゅうはちカ月後、、受贈者発病した.不幸中の幸い、また3人の受贈者は現在、発病の兆しがないというが、予防治療を始めたという.

1990年代以降、アメリカは毎年狂犬病で死ぬのは1∼2人、ほとんど感染判例は蝙蝠、しかし感染、検査したウイルス、アライグマウイルス.

さらに調査によると、感染者をアライグマふだん訓練で猟犬のために、せめてアライグマにかんに回、それぞれ発症前のじゅうはちヶ月とななしちヶ月に度もなくもないし、医者にかかる狂犬病ワクチンについて、最後についに、彼は病で亡くなった、また寄付で臓器に恒例は筛检狂犬病、家族も知らないドナー感染狂犬病をもたらし、受贈者が感染して亡くなった.

アライグマによって郊外に点在し,人類と接触する機会が大きく増え、アメリカはアライグマにアライグマ狂犬病のリスクを見くびるているかどうか心配している.

狂犬病いったん発病後に間違いなく死ぬが、ウイルス感染は進まず、かまされた後、予防的治療処理治癒率ほぼ100%を、現代染め狂犬病死のケースは多くないので狂犬病のリスクをかまれ後すぐに医者にかかる動物未処理による.

农委の調査によると、昨年じゅう月から今年のろく月、はちヶ月内に、全台灣122だけ食肉目哺乳類が変死道端のうち、75ただ鼬獾、他は白い鼻心とカニクイザルなど、と狂犬病について.お金は狂犬病の記録に感染していないで、お金は鼠の数量の百千、しかもよく猫の犬の追いかけの対象、狂犬病が伝染することに感染して、ウイルスの拡散情況はかなり深刻です.

野生動物は、野生動物は、野生動物には、かなり異常な、非常に異常、感染症に感染する可能性があります、予防、接触、接触、万が一
ダイエット茶,肺真菌症、すぐに医者にかかる.

コメントを残す