1種の肺真菌症人はこのようにしないでください

ある人は、消化不良については消化不良、毒素蓄積、各種健康問題につながると考えている人もいるという人もいる.でも、食事には水を飲むと、本当にマイナスの影響はありますか?あるいは、これはただ別の迷思
バイアグラ?健康サイトAuthorityNutritionの研究を引用して、あなたに教えて食事配水体にいったいどんな影響.1水、胃酸と消化酵素を消化酵素としてたくさんの人が主張し、食事時には飲んで胃酸と消化酵素を薄め、体に消化を消化することができます.しかし,肺真菌症、この説を示唆したあなたの消化係の食べ物に変えない粘る稠密さ分泌量で、これは誤りの.

2液体と消化速度消化のスピードは消化のスピード,固形食物を消化させ、消化酵素が接触する時間が減って、消化不良になりますと考えている.事実上、胃袋の靑空スピード、液体が消化道の時間にとどまっているのは固体が少ないとされているが、固体食品の消化速度には影響はないとして発見した.3アルコールと酸性飲料で唾液の負の影響に対して、3アルコールと酸性飲料食事時には酸性やアルコール飲料を含む時は、唾液は乾いて、体より消化食品が難しいと考えている人もいるという人もいる.の研究によれば、単位あたりのアルコールを唾液の流失じゅう~15%が、その効果が強い酒ではなく、低アルコール濃度のビールやワイン.酸性ドリンクには唾液分泌が増加する可能性がある.最後に、現在は科学的な証拠がなく、アルコールや酸性飲料水を飲む時、消化や栄養吸収に悪影響を与えます.中、液体は消化を促進することができますの液体を分解することができて、彼らは食道、胃の袋に入ることができて、胃の袋に入りやすいです.液体も食べ物の移動が順調にできて,腫脹あるいは便秘を避けることができます.胃は消化の過程で、胃酸と消化酵素、同様に水分分泌を分泌し、酵素が正常に消化機能を発揮するためには水が必要です.水分は食欲とカロリー摂取を減らします食事時に水を飲んで、また1口の中でしばらく停止して、体は時間に空腹あるいは満腹のシグナルを確認して、食べすぎることを免れて、そしてダイエットすることを助ける.なお、12週間の研究では、毎食前に500ミリリットル水を飲む人、飲む人がない人より2キロ減.研究も示し、水を飲むと新陳代謝が加速する、500ミリリットルを飲むと24カロリーが消費されます.面白いことは、飲用水の温度は体温に接近し、燃焼のカロリーはかえって減少します.これは体で水の温度を高めるために、もっとエネルギーを消費する必要があります.でも、水の新陳代謝に影響を与える観察は広く、観察する効果も微弱です.体の状況に合わせて水を飲んで、砂糖飲料を避けて

あの、ご飯はラムネ、体にも同

コメントを残す