何の原因で肺真菌症が起こりますか?

肺真菌症とは

肺真菌症は真菌を吸い込むことによって発病する感染症です。通常、健康な人にこれらの真菌が感染することはまれで、多くは感染に対して免疫力が低下している人や、もともと肺にあった病巣に、これらの真菌が感染し症状をもたらします。主な原因菌としては、アスペルギルスとクリプトコックスが知られています。皮膚の水虫は白癬菌(はくせんきん)によって起こる「表在性真菌症」で、肺や脳などに起こる病気は「深在性真菌症」といいます。真菌の種類は様々で、カンジダやアスペルギルス、クリプトコッカス、ムコールなど、種類により病変が異なります。

肺真菌症の症状

肺真菌症の症状というと、発熱、咳、痰、呼吸困難、全身倦怠感などが特徴です。風邪や肺炎にも似ています。菌の種類によっては、胸の痛みや、血の混じった痰が出ることもあります。具体的に言えば、肺真菌症は、病原性が低いため、感染しても症状が現れない場合もあります。真菌は、口腔内などの常在しているため、症状は現れにくいのですが、抵抗力や免疫力が落ちると発病する日和見感染は注意が必要です。発熱やせき、たんなど風邪に似たような初期症状から、だるさなどの倦怠感が現れ、呼吸困難に陥る場合もあり注意が必要です。菌の種類によっては血を吐いたり胸痛をおこすこともあります。

肺真菌症の原因

肺真菌症の原因について、原因菌には、アスペルギルス、クリプトコッカス、カンジダ、ムコールなどがあります。真菌は空気などの環境中に存在しています。環境から吸い込んで体内に入ったり、口の中や皮膚に付いたりしていますが、健康な人に深在性真菌症が起こることはまれです。ステロイド剤や免疫抑制剤を飲んでいたり、白血病や抗がん剤によって正常な白血球が減っていたりするなど、抵抗力が落ちている人で発症することがあります。肺真菌症の場合、健康な人であれば感染しないことがほとんどです。免疫が低下している状態だと感染しやすくなります。