肺真菌症は一体どんな病気ですか

真菌が肺に感染しておこる肺炎です。日本で問題になるのは、アスペルギルス、カンジダ、クリプトコッカス、ムコールなどで、菌種によって病変が異なります「コラム」。真菌は、病原性が弱く、口腔内や上気道に常在しています。そして、感染しても症状が現われない場合が多いのです。しかし、からだの抵抗力が落ちてくると増殖し、感染症として発病します。これを日和見感染といいます。

肺は外界の空気にふれるので、真菌も入りやすく、肺に感染した後、血液に入って、肝臓、腎臓「じんぞう」、脳などにまで感染することもあります。

また、感染症としての議論の余地を残しますが、非侵襲性肺アスペルギルス症「菌球症、アスペルギローマ」やアレルギー性気管支肺アスペルギルス症など、真菌が肺内で増殖することによるいくつかの病態が知られています。クリプトコックス症は、健常者にも発症します。この場合、肉芽腫性病変をつくりますが、多くは無症状で、自然治癒傾向があるといわれています。

しかし、本症の多くも日和見感染症であり、とくにエイズのようにT細胞に重い障害がある場合には、肺から全身に散布され、全身性クリプトコックス症を引き起こします。このほかに少数例ですが、輸入真菌症として、コクシジオイデス症やヒストプラズマ症が報告されています。

肺真菌症の症状について
肺真菌症の主な症状は発熱、せき、たん、呼吸困難、全身倦怠感など、細菌性肺炎や肺結核と、よく似た症状が現われてきます。細菌によく効く強力な抗生物質を使ってもよくならない場合は、真菌による肺炎の疑いがあります。

原因菌や病型によって症状の現れ方は異なり、肺真菌症に特異的な症状はありません。非侵襲性アスペルギルス症の場合は、もともと肺に空洞がある患者さん「多くは陳旧性肺結核」に発症し、臨床的には、咳、痰、喀血、呼吸困難などの呼吸器症状とともに、発熱やるい痩などの全身症状もみられます。

侵襲性肺アスペルギルス症は、好中球減少症や大量のステロイド薬投与などの危険因子をもつ患者さんに発症し、急激な発熱や全身倦怠感などの全身症状に加え、さまざまな呼吸器症状がみられます。多くの症例では、全身状態が急速に増悪します。

肺真菌症の治療方法について
からだの免疫を弱める原因となっている病気がよくなれば、真菌による肺炎も自然によくなることがありますので、もとの病気の治療がたいせつです。

真菌に対しては、アムホテリシンB、フルシトシン、ミコナゾール、フルコナゾール、イトラコナゾールという5つの抗真菌薬が開発されており、内服または注射で使います。血液の悪性腫瘍や、その治療のために、非常に白血球が少なくなっている患者さんに対しては、アスペルギルス症の予防のため、アムホテリシンBの吸入を行なうことがあります。

重症度や病型により用量は異なりますが、抗真菌薬の全身投与が原則です。アスペルギルス症の場合は、アゾール系、ポリエン系ならびにキャンディン系抗真菌薬のうちのどれか1つを、またクリプトコックス症の場合は、前2者から1つを選択します。

オススメサイト

精力剤、男性悩み対策、正規品個人購入激安通販サイトです。日本で最も人気な男性用精力剤シリアスをご紹介しています。本人気精力剤通販サイトは100%正規品で、商品二重包装、使用体験大好評のネットショップです。